歯科では未然に予防する根幹治療やインプラント治療が行なえます

神経を取る

根の字がつく通り歯根に関わる治療がメインです。

歯の治療で極力抜かずに治療をする場合、根管治療を行います。 歯根が原因で治療を開始する事がとても多いのですが、治療を終わらせたはずの歯の周囲が痛くなって歯科医に来院するケースが以前は多いケースでした。 現在は歯根部分にまで手をかける治療に入ると継続的に治療を続け、治療が終了した後も通常よりもまめに定期検診を行う歯科医が増えています。 最も多いケースは虫歯が歯随にまで達してしまい神経を抜いての治療を行う必要が出た時です。神経を抜いた後の歯根の中心部分を徹底的に消毒をし、虫歯菌をはじめとした細菌感染を起こさないよう防止をしてから金属で重点をし、噛む事の出来る歯に形成をします。削り取った歯の上部の部分も補完をして両隣の歯と同様に噛む事が出来るように形成をします。 形成が終わった後も期間を若干開けて数回かみ合わせのチェックなどを行ってこのケースの根管治療を終了します。

根管治療は徹底的な歯根内部の消毒が必須です。

神経を抜いた虫歯の治療の他にはもともとの虫歯が進行してしまい、歯根内部まで深く腐食してしまった場合です。この場合は、虫歯で出来た膿などの病巣を全て取り去り吸い上げてから、歯根深部まで消毒を続けます。根管治療の中でも消毒に時間がかかる処置です。はその物の歯根と、歯をくるんでいる歯根膜に届くまでを通常よりも丹念消毒をしてか腐食部分を取り去り、金属などで充填をして歯を形成します。 この場合は通常よりも短い周期で歯の定期健診を行い、数年に1回レントゲンで歯根に異常が出ていないかの確認も行います。 歯の最も奥の土台ともいえる歯根を守り、抜歯まで症状を勧めてしまわない為の治療が根管治療です。 神経をとってしまったり、歯根まで深い所まで治療をした事のある歯を1本でも持っている場合は定期的に歯科医で細かい所までチェックしてもらう事、異常が出たら初期に治療を行う事が安定した歯の状態を保つ手段になりえるのです。

Copyright© 2015 歯科では未然に予防する根幹治療やインプラント治療が行なえますAll Rights Reserved.