歯科では未然に予防する根幹治療やインプラント治療が行なえます

虫歯の治療

根幹治療と抜歯の関係について

虫歯がひどくなってしまいその治療の過程で歯科医は、抜歯をするべきか残したほうがいいか迷う場合があります。治療する上でどちらの治療が患者にとって望、ましいほうを決めなくてはいけないのです。根管治療とは、歯の内部の神経や組織の治療のことをいいます。虫歯が歯の神経まで行ってしまった場合には根管治療をして神経を取るのです。神経を取ってしまった歯は死んでしまったと同じことがいえるのです。歯科医は、この根管治療をするかそれともインプラントを入れたほうがいいのか迷うことがあるのです。この選択は、歯科医だけではなく患者自身にもきちと伝えることが大切なのです。抜くかどうかを決めた場合のそれぞれのメリットとデメリットを伝え、決定するのは患者が決めることが望ましいてのです。

治療を選択するときに気を付けることとは何か

根管治療をするべきか、インプラントをしたほうがいいかという基準はどこにあるのでしょうか。歯科医は、考えられる治療法を患者に伝えることが大切です。その歯科医が治療をすることが出来ない場合には、患者にとって最適な専門医を紹介することも大切なことなのです。患者がどんなに根管を残したいという希望をもっても抜歯をしなければいけないことがあるのです。虫歯が進みすぎてしまった場合や、根管にヒビや割れがある場合には残念ながら残すことはできないのです。歯科医は、割れた歯の写真を見せて納得した上で抜歯をすることが望ましいのです。抜歯の後の治療はインプラントか部分入れ歯という選択になります。若い人であればインプラントが望ましいかもしれません。歯科医とよく相談した上で決めることが大切です。

歯の白さを出す

歯の代表的な問題である虫歯がなければ毎日健康的な食生活を送ることができます。現在は歯の健康を守るとともに綺麗な白い歯にするためのホワイトニングも人気があります。

苦手な人もいる

歯科治療が苦手な人はほとんどの方が治療の音を聞きたくないという人ばかりです。現在歯科では様々な工夫をしているので、歯医者選びは慎重に行なう必要があります。ネットえは口コミ情報を見ることができます。

メニュー

オススメリンク

  • 医療法人スワン会

    駅から歩いて行ける場所にあるので通院がラクですよ。インプラントなら日進市で評判の高いクリニックで受けませんか。
  • 医療法人スワン会

    名古屋でインプラント治療に関することを確かめておきたいと思っているなら必見になりますよ。気になる人はここにアクセスしてみよう。
Copyright© 2015 歯科では未然に予防する根幹治療やインプラント治療が行なえますAll Rights Reserved.